ころ→香露?かけ
香りの良いつゆを直接ぶっかけて食べる。茹でたてのうどんを水でさっと洗い、冷たい汁をかけただけのもの。薬味だけで、汁はたまり仕立て。寒い時期にはあたたかい汁で食べたりもする。きしころは邪道?ころ→COLDのころでは無いらしい。きしころを東京では冷しきしめんと思っているらしいが。名古屋ではきしめんの玉を白玉と呼んでいた。
◎ころうどんの誕生

主に名古屋市内の公設市場(今で言うならスーパー)の中にあるうどんや中華麺を売る店が、その場で食べてもらおうと作ったものが、元祖らしい!
茹でた麺がろじに玉にして入れてあり、それをつゆに入れて、ねぎだけとかてんかすだけなどで食べていたようです。
つゆは、つけだれとかけの間ぐらいのもののようです。つゆは、冬はあったかく、夏は冷たいものだったようです。今は、主に冷たいつゆのものをころうどんとよぶようですが、 玉になっているうどんがつゆの中で転がるような所から『ころ』と付いたと言う説もあるようです。


【商品一覧

製麺所名 商品名 麺の太さ
・幅
麺の硬さ
・コシ
標準
ゆで時間
スープ その他 販売期間
甘口・
辛口

合い
西尾製粉 安城和泉手延
半生うどん
ふつう 固めでコシが強い 15分 なし
安城和泉特産の半生手延めん 9月〜3月
安城和泉手延
うどん
ふつう 固めでコシが強い
なし
乾麺 通年
かなりや参州
西尾うどん
ふつう もっちりした歯応え 15分 なし
乾麺 通年
かなりやふる里の
うどん
ふつう もっちりした歯応え
なし
乾麺 通年